お金の貯まる財布たち

蛇にピアス【Blu-ray】 [ 吉高由里子 ]
 [ 吉高由里子 ]【1/22 21時から1/25 10時まで★全品ポイント10倍★☆期間限定】婚前特急 ジンセイ…
 [ 吉高由里子 ]【1/22 21時から1/25 10時まで★全品ポイント10倍★☆期間限定】トンスラ 1〜4 …
 [ 吉高由里子 ]クイック・ジャパン(vol.117)

お金の貯まる財布の作り方

普段何気なく財布を管理している人はお金の貯まる財布の使い方を知って欲しいです。
財布で開運する方法

お札の向きは関係ないようで、関係あります。お金持ちはいつもお札を一定方向に向けて入れています。
また新しいお財布を買った時はできるだけたくさんのお金を入れてあげるのが良いようです。
できれば新札で100万程度のお金を入れて一晩、できれば3日位寝かせてあげるのが良いでしょう。
そうすればそのお財布は、100万くらいのお金が入っているのが当たり前だと思うので、それ以降できるだけその量を保とうとします。
逆に最初に少ないお金しか入れないと、その額が当たり前と思ってお金はたまりません。

 

普段のお財布の正しい使い方

いつもできるだけ新札を入れておきましょう。可能なら10万程度は入れておくといいでしょう。銀行に貯金すると思って入れておいてください。
今は金利が殆どつかないので、10万程度であれば銀行でも財布でもそれほど変わりません。
あと、お札以外のものはできるだけ入れないほうが良いです。
例えば小銭とか、診察券、ポイントカードやメンバーズカード。
時々財布が恐ろしく太っている人がいますが、ああいうのは最悪です。
入れるのは基本、札だけです。
もちろんキャッシュカードなども入れても良いのですが、いつも10万円入れておけばキャッシュカードも突然使うこともないですし、クレジットカードも入れておかなければ無駄な出費もなくなります。
あと溜まりがちなのは領収書。
これも一日終わったあとには財布から取り出しましょう。そうすることで、いつも財布の中身を確認できるのもお金が貯まる財布の作り方と言えます。

 

 

七色の財布や、白蛇のいわれは古来からあり、迷信であるか無いかはさておき、色々な開運にまつわる話はあります。 ただ金の財布が開運にと言うのは、実は私は知りませんでした。 確かに、某芸能人様がおっしゃっておられたり、なるほど金の財布はエネルギーがあるのだなとぐらいしか思っていませんでした。 実はこの財布、開運だからやっているのでは無く京都の、革を金に染め上げる染色技術を世に出そうと商品化したところ、 芸能人さんがバンバン言ってくれたおかげで、売り上げが上がりました。 この金の財布でとりあえず私は確実に開運されました。 しかしその後、弊社サイトのアフィリエーター様の中でも、財布屋の財布を扱ってから人生が変わりましたとか、仕事が順調にいきだしましたとか、 はじめは売り上げに比例しているのだと、ばかり思っていましたが、完全にその数が比例としていると言えない数になってきました。 特に仕事運には定評あるようです。信じないと言う方と、信じると言う方私自身は信じるに一票です。
 

お金が貯まる財布はなぜ長財布?

お金が貯まる人は長財布を使っていると言います。なぜでしょうか? とある社長いわく『二つに折り曲げては、お札が窮屈でかわいそうだ』と。 お金に恵まれている人ほどお金を、まるで人格すら宿っているように大切に扱っているそう。 「お金にとって財布はホテルのようなもの。居心地良くすることで、お金はまた戻ってくる。」 1日の終わりに中のレシートなどを取り出し、お札の向きを揃え、財布全体を拭いて汚れを落とす。 その気持ちがお金の使い方に表れ、貯まる体質になるといいます。